そらな接骨院ロゴそらな接骨院 診療時間そらな接骨院 0963603668そらな接骨院 メール

そらなの信念
 そらな接骨院の考え方について知ってほしいこと
そらな接骨院 ぼくの手 そらな接骨院院長
有留雄一郎が
小1の頃につくった詩
『ぼくの 手』
手伝いをする 手
べんきょうをする 手
うんどうをする 手

びょうきをしたら
なおしてやる 手 にしたい
ともだちを助ける 手 にしたい

この詩は、わたしが小学1年生のときにつくったものです。
この頃はもちろん、柔道整復師になろうとは思っていませんでしたし、そういう職業があること自体も知りませんでした。でも今思い起こせば、このころから人を手助けすることを子供ながらに意識していました。
そして専門学校は迷う事なく柔道整復師の学校へ。そのまま接骨院に就職、国家資格を取得しました。
今でもこの詩を胸に、より多くの患者様の痛みを一刻も早く緩和し、取り除けるよう日夜励んでいます。
そらな接骨院の4つの柱
1『手あて・手をかけること』
接骨院の治療において、一番大切なのは、「手あて・手をかける」ことだと思います。
機械に頼らず、自分の手で直接患者さんの体に触れ、施術を行うことが一番の治療だと自負しております。
これまで約20年の間に述べ70,000人以上の方の治療を行い、あらゆる年代の、あらゆる症状の方に触れることで、自分の「感覚」を鍛えてきました。
「感覚」はもちろん科学的ではありません。ですが、当院に通う患者様からは「ここは機械に頼らないから良いのよね」との評価をいただいております。
そらな接骨院 治療風景
1『子育て世代を応援』
個人的な話ですが、私には16歳を筆頭に4人の子供がいます。
自身も妻も体験したことですが、小さな子供を連れて外出するのは大変なことです。ましてや、体の不調がある時に子供を連れて接骨院に通うのは至難の技。多くのお母さん方は、不調があっても我慢しているようです。
そこで、当院ではキッズコーナーを用意し、施術中は看護師である妻がお子さんの世話をする体制をとっています。
また、毎週水曜日午後「ママデー」とし、赤ちゃん・お子さん連れのママ・パパに気軽に来院いただける体制を整えています。そこでは子育てに役立つ情報(行政から民間まで様々)を提供し、楽しい子育てのためのサポートを行っております。
子供は世の宝です。少子化が進む現代ですが、接骨院を通して健康で、安心して、楽しく子育てができる環境をご提供したいと思っております。
ママデー
子育て世代を応援
1『医療との連携』
そらな接骨院では、テ−ピング、トレーナー指導、災害医療コーディネート、整形外科での実地研修や一般医療の講習会などに参加し、日々進化する医療技術について学んでいます。
また地域医療との連携のため、内科医や整形外科医とも密に連絡を取りあい情報共有を行っています。
接骨院では治療できない範囲の疾病の疑いがある場合は、紹介状により提携の医療機関をご紹介しています。
医療との連携
4『社会貢献活動』
当院では、テーピングやスポーツマッサージの指導を行っています。
国体選手のトレーナーとしての活動、地元中学・高校の部活動市民ランナーのサポートなどを行っております。
筋肉痛や肉離れ、捻挫・打撲、野球肘やテニス肘などスポーツによるケガを早期に治療し、本来の目的である試合や大会に集中するためのお手伝いを行っております。
また地域住民の方の健康管理や体のメンテナンスを通してお役に立つことで、社会貢献に繋がると感じております。
スポートトレーナーについて
社会貢献活動
そらな接骨院の場所は、熊本市東区小峯(戸島線沿い)
スーパーキッド小峯店近く、小峯2丁目交差点すぐ横です。駐車場7台完備。

そらな接骨院 地図
大きな地図で表示
接骨院ってちょっと入りづらいな...と思っている方、まずはお気軽にお電話ください!
そらな接骨院電話 0963603668 そらな接骨院 メール
そらな接骨院 診療時間
ページトップ